孔子みそ

 「孔子みそ」とは、多久産大豆と佐賀県産の減塩こうじを使用した手造りの減塩みそです。

減塩こうじにより、塩分控えめで青大豆本来の甘みを味わうことができる「孔子みそ」は、佐賀県農業賞を受賞するなど高く評価されています。

その歴史は20年以上となりました。給食センターも約10年前より「孔子みそ」を使用しており、故郷の味になってきています。

ぜひ無添加で安全安心な多久産の「孔子みそ」をご賞味ください!

IMG_0176

 

 

 

 

 

 

 

孔子みそ料理学生選手権

 今回「学びの里 多久」において「孔子みそ」のPRと学生の食育を兼ねた「平成29年度第2回孔子みそ料理学生選手権」を開催しました。高校生、短大生、専門学校生、大学生を対象として、『孔子みそを使った創作おやつ』をテーマに300作品の応募をいただき、書類審査を通過した個人・団体が二次審査で実際に調理されました。和洋折衷どの作品も素晴らしく、審査員の先生方も順位を付けられるのに大変難しそうでした。そして賞に選ばれた作品がこちらです。あわせてレシピを紹介します。

IMG_0108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●最優秀賞

「さつまいもとれんこんのみそっパイ」

 牛津高校 野田彩香さん

IMG_0078

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <材料>

・冷凍パイシート  5分の1×2枚

・さつまいも    30g

・れんこん     30g

A孔子みそ     大さじ2

砂糖       大さじ3

みりん      大さじ1

・メイプルシロップ 適量

・卵黄       1個分

 <作り方>

※冷凍パイシートを常温に戻し5等分にしておく

1)れんこんとさつまいもを洗い、れんこんは皮をむき1ミリ幅にスライスする

2)の材料を全て混ぜてソースにしておく

3)5等分したパイシートの上に2のソースを薄く塗る

4)ソースを塗ったパイシートにれんこんとさつまいものスライスを交互にのせる

5)さつまいもまでのせたら、メイプルシロップを適量かけ、軽く巻く(巻き終わりはしっかり巻く)

6)パイシートと外側に卵黄をといたものをぬり、カップに入れ天板にのせる

7)220℃で予熱したオーブンで10分、190℃で15分焼く(オーブンによって異なる)

8)焼きあがったものをカップから取り、皿に盛りつけメイプルシロップをかける

 

========================

●優秀賞

「そば粉プリン~みそジンジャーソースを添えて~」

 唐津南高校 青木未憂さん・宮崎涼香さん・久保舞香さん

IMG_0075

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <材料>

・そば粉    10g  ・しょうが  15g

・砂糖     40g  ・孔子みそ  大さじ1

・卵(М)   2個     ・水     40㏄

・牛乳     50㏄

・生クリーム  25㏄

・ゼラチン   5g

・みかん(皮) 適量

 <作り方>

1)ゼラチンを水40㏄にふやかしておく

2)ボウルに卵、砂糖、そば粉を入れ、混ぜる

3)鍋に牛乳と生クリームを入れ、火にかける

4)2を3に混ぜ、沸騰直前で火を止めゼラチンを加え、混ぜ合わせ加熱する

5)ゼラチンが完全に溶けたら、カップに流し込み、氷水をはったバットに固まるまで冷やす

 ・ソースの作り方

1)しょうがをおろし金ですり、手でしぼる

2)しぼったしょうが汁と孔子みそを合わせ混ぜる

 

========================

●敢闘賞

「味噌だれもっちりドーナッツ」

 牛津高校 前田春華さん

IMG_0076

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <材料>

白玉粉        20g     Bオレンジジュース 100ml

ホットケーキミックス 60g     濃い口醤油    小さじ1

牛乳         60g     水溶き片栗粉   小さじ2

孔子みそ       小さじ1    ★みりん     大さじ1

揚げ油        適量      ★砂糖      大さじ3

油          大さじ1    ★孔子みそ    大さじ2

予備用の牛乳     適量      ★水       大さじ1

                    みかん      30g

                    粉糖       少々

                    すりごま     少々

                    ミント      飾り用

 1)味噌こしを使って孔子みそを牛乳でとく

  2)ボウルに白玉粉を入れ、中央に浅いくぼみを作って、1を入れる

  3)2をだまがなくなるまでゴムベラを使ってしっかり混ぜる(だまはしっかりつぶす)

  4)ボウルにホットケーキミックスを入れ、中央に浅いくぼみを作って3を入れる

  5)ゴムベラを使って4を混ぜる。パサパサになってくるので、予備用の牛乳を少しずつ入れ、塊ができるくらいまでする

  6)5を手でしっかり混ぜる(手のひらに油をつける)

  7)6を2つにわけ、棒状にまな板の上でのばし、カードで切っていく

  8)7を丸めて、クッキングシートに並べる

  9)クッキングシートごと160℃~170℃の油の中に入れる

 10)こまめにドーナツをころがしながら揚げる

 11)色がついてきたら、油の中からドーナツを出す

12)みかんの皮を剥いて、果肉が入っているふくろを包丁で切って果肉を1センチの大きさに切る

 13)ボウルにオレンジジュース、濃い口醤油、★、水溶き片栗粉を入れ、小さな泡立て器でしっかり混ぜる

 14)13を鍋にかけ、スパテラで混ぜながらとろみがつくまで煮る 鍋の外側に小さな気泡が出てきたら12を入れ少しみかんに火が通ったら、ボウルにうつす

 15)11を皿に盛り付けて、紛糖→すりごま→ソース→ミントの順で盛り付ける

 

========================

●敢闘賞

「みそ玉入りようかん」

 牛津高校 掛江りんさん・江口明佳さん

IMG_0077

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <材料

ようかん          みそ玉

・あんこ    180g  ・孔子みそ  23g

・砂糖     40g   ・だし汁   100㏄

・粉寒天    4g    ・砂糖    大さじ1半

・水      180㏄  ・粉寒天   1g

琥珀かん

・粉寒天    3g

・グラニュー糖 60g

・水      230㏄

 <作り方>

みそ玉を作る

1)みそ、だし汁、砂糖、粉寒天を鍋に入れ沸騰させる

2)別の容器に流し、固めてくり抜く

★ようかんを作る

1)水に粉寒天を入れ沸騰させ、あんこ、砂糖を入れ、型に流し固める

2)完璧に固まる前にみそ玉をのせる

琥珀かん

1)材料を火にかけ沸騰したら★に流し固める

========================

平成30年度も「孔子みそ料理学生選手権」の開催を予定しています。

詳細は決まり次第、ホームページまたはフェイスブックでご案内します!